--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2011.08.14 20:40



※長文なので、PCからの閲覧をおすすめします。


こんばんは、NEWSの加藤成亮です。今週もスタートしました。Fm Yokohama SORASHIGE BOOK。

8月に入りましたね。僕の友達のオオイワくんの誕生日ですね今日は、確か。ハナの日とか言ってた(笑)えっと…、メッセージ読みます。メッセージねぇ、これなんかちょっと面白かったんで読んでみます。8歳の双子からだそうで…

お誕生日おめでとうございます。今、アスレチックのある公園で遊んでいるよ。シゲもアスレチックで遊んだりするの?

あははは。ごめんねー、お兄ちゃんはアスレチックには行かないんだ、24歳だから。でも、俺小さい時好きだったなぁ。滑り台って言うか、ローラーになってる滑り台も好きだったな。たまにすごい長いのとかあったりして、遠足とかで行ったりして、それがすごい好きだった。今でも行ったらはしゃぐと思うんだけど、照れるなぁ。アスレチックではしゃぐ俺。お兄ちゃんはねぇ、一人で焼き鳥屋に行くからね(笑)おじさんだね、ほんとに。

これはメールというか、僕のファンの人に声かけて288人にアンケートを取ってくれたそうで、「加藤くんが演じた役の中で何が一番好き?」1位 大杉健太 パパムスの。2位 深野達也 ビターオレンジ。3位 徳田一男 トラブルマン。今やってるドラマは入ってこないんですけど、こんな感じでNEWSのPVの中ではSUMMER TIMEが一番好きとか、これすごいよね。加藤くんのソロではシャララタンバリンが好きとか。いやぁ、ほんとに、僕言わせてもらえば、やっぱりトラブルマンかなぁ。主演だったしね。あそこでちゃんと芝居やらなきゃとか、自分が芝居が好きとか気付いた。そこから自信じゃないけど、役者としてやりたいなって気が芽生えたのはこの時だったかな。今もそれが続いてるんですが。

すげー嬉しいですね。こんなにまとめてくれてありがとうございます。こんなにまとめてくれなくても、気軽な感じでメッセージ送ってくれても構わないんで。それでは今日も30分、よろしくお願いします。

♪エンドレス・サマー/NEWS

【加藤成亮の今週の1曲】

今週はですね。先週、ラブレターでシンプルな詞でメロウな曲が出来るって紹介したんですが、今週は真逆で、小林大吾さんという方のアルバムからかけようと思ってるんですが、すっごいハマってて。なんか1回聞いてハマッてもずっと聴く曲ってないんだけど、定期的に必ず聴くっていう。こないだかけたフラワーカンパニーズの深夜高速でこれ完全に自分だってシンクロしちゃうって曲があるって紹介したけど、この曲は自分の世界観が変わったというか、あぁ、そういうことでいいのね。ていう、自分の考え方の指針になったって感じの曲かな。いわゆるジャンルでいえば、ポエトリーリーディングといって、ポエムなんですよね。音読というか吟遊詩人なんですけど、この人。ポエム読むんですが、ただ音楽が後ろに流れてて、音楽の前で読んでるだけじゃない。ギリギリ、ラップじゃない感じで、音読とポエムとラップの境っていうか。一瞬でも節を感じたり、区切りがあったりするので、そういうジャンル?結構そういうジャンルってあるみたいね。最近のアルバムでオーディオビジュアルっていうのがあるんですが、ほんとに全部凄い好きなんですが。今回、歌詞に重きを置きたいんですが、音楽もすごいんですが…。
 
オレが1人芝居をやった時にオレンジの花びらって詩を自分で書いたんですよ。昔から文章書くのちよっとうまかったんですよ。自分で言うのもなんだけど、文章書くと褒められた。で、俳句とかでそれっぽいこと書いて、こんな感じでやれば上手いって、ほんとに上手いわけじゃなくて、上手く書けたって感じで、こんな感じで書けば大人って喜ぶだろうなってやればそれで賞を取ったりしたんですよ。オレンジの花びらの時も、これくらい分かりやすいほうがファンの人にはいいだろうなぁって思って1日とかでポエムで書いちゃったの。1日ぐらいで書けるかなぁって。ポエムを書いた経験があるのね。こういう喜ばれてしまうって俺がほんとに書きたい文章ってなんなんだろうなぁって考えたんですよ。

例えばアルバムの並びでかっこいいなぁって思ったんですが。

青ナイルのほとりで
いまはまだねむるこどもに
象を一撃でたおす文章の書き方

この詩は、象を一撃で倒せる文章の書き方があるらしいって本を読んだみたいな、実際あるっていで書いたんだけど、そんな本実際にないのね。つまり俺のツボなんですが。今からかける曲はこの人には珍しいラブソングで、耳触りがいいかなって感じで。もぅねぇ、遠回りなんですよ。基本的に言えば、一節を読んでみると…

ことの次第はこうだ
ある人に出会った
美しいと思った
それがまずかった
 
て、いう言い方をするんですよ。一言言ったら今の現代音楽で言えば、「恋をした」の一言でいいんですよね。もう少し言うと…って、ここ喋りすぎだねまた。でも、もう少し言わせて。ジャグリングって歌詞は…

そういってみんな
けろっと忘れていく話
貴重な休日に酷い風邪を引いたとか
あわてて降りたら隣の駅だったとか
誤解を解き損ねた居心地の悪さとか
本物の才能を目の当たりにするとか
自転車が途中でパンクするとか
どうしてもネジが1本だけ余るとか
誰かほかに好きな人ができたとか
たとえばそういうこと。。 

本物の才能を目の当たりした時の挫折感みたいのを、確かにそういうのってケロっと忘れて行く話だよなぁ~っていいなぁ~って思ったんですよ。とにかくボクはこういう文章がすごく好きだし、今度文章を書くことがあったらこういうものが自分の中に残っていくだろなぁと思って聞いてもらいたいと思います。
 
♪処方箋/小林大吾
 
【シゲのどうでもいい話】
いい歌だったねぇ。好きだわ~。いつかゲストに来てくれないかなって思うくらい好きです。先週、ドラマの話しがあまり読めなかったので今週も読みます。
 
プライベートでシゲが撮った写真は(ドラマの中で)ありますか?

半分くらいは僕が撮った写真ですね。写真集が出てくると思うんですが、表紙とか中の写真もいくつか僕の写真ですね。写真いくつか見せてって言われて見せたのが風景の写真だったので、風景って難しいんですよ。誰でも撮れるものだから切り取り方が難しいんですけど、それでも半分は僕の写真が混ざってて。あとは何が映るかわからないんですが。Winkupで出した物も混ざってるので、「あれ、見たことある」ってのがあるかもしれませんが…。あれはそうですか?って聞いてくれたから答えていきたいと思います。

監督にヌメって演技をしてと言われてるそうですが、どんなことを心がけていますか?

ヌメヌメがすごい浸透しすぎて、貫地谷さんが僕のことをヌメって呼ぶんだけど(笑)ある程度のお約束ってあると思うんだよね。ちょっと低い声とか、いわゆる流し目とか、そういうのはゆっくり喋る男の方がセクシーだと思う。そこは自分に足りない所だなぁ~と思ってる(笑)
でもねぇ~あんまり早く喋るのが面倒臭くなってきて、逆に(笑)なんかちゃんと落ち着いてきたね。大人になると落ち着いてくるもんですね。

監督が1話で、壁に手を付いて喋って欲しいと。基本的に僕に任せる演出家なんですが、結局は自分次第なんだけど、そういうやり方でそこは凄く細かく言われて。壁に手をついて話すと、女の監督なんですが、壁に手を付いて喋るとドキっとするんだぁと思いましたね。そんなベタな壁に手を付いてねぇ。まぁ、俺だったら絶対に壁に手を付いて喋らないけど、逆に壁に手を付く男って。なるほどっいう作り方が出来た。壁に手を付く男ってちょっと上からだし、ある程度自分が手玉にとる方法も知ってるし、まぁこいつだったら手を付く男はこう言うなぁって言う演技の考え方はしてるかな。

あとは、僕の好き勝手にやってる部分も多いし、ギャップも色んな部分もあるし…。ずっとあのキャラ、じゃダメなんで変化していくと思うんでとにかく観てくれたら嬉しいです。
 
華和家のキャストの皆さんとは仲良くなりましたか?

すごい仲良くて、四姉妹も人それぞれあってみんな面白いんだけど、貫地谷さんは2回目なんで仲がいいんですが。誕生日があって、その日も撮影だったんですが、誕生日の前の前の日に誕生日いつって聞かれて。「明後日なんですよ~。いいですよ、誕生日プレゼントなんて(笑)」なんて言ってたんですよ。そこに吉瀬さんと貫地谷さんがいたんですが、当日、吉瀬さんがコンコンって来て帽子をくれたんですよ。で、その次に貫地谷さんが来てDVDをくれたの。いやぁ、ほんと優しいっていうか、俺は役で優しさとツンデレの役なのにヤバイ逆に好きになりそうってくらい、みんなイイ人っていうか。女の子の中に俺が混ざってるってのがあるんですが、新鮮でおもしろいですね。すいません。あまりメッセージ読めなくて…。それでも根気良くメールを送ってくたら僕も頑張って読もうと思います。それでは、いろいろいっぱい喋りましたのでシンプルな曲をかけようと思います。

♪愛はシンプルなカレーライス/NEWS

はい。NEWSの加藤成亮がお送りしたSORASHIGE BOOK。僕、この歌すごい好きなんですよ。ちょっと小話ですが、舞台中に城島くんが、自分が作った曲を僕に見せるってシーンがあるんですが、その中に実際に城島くんが冗談で書いた歌がいっぱい並んでてその中に、愛はシンプルなカレーライスが混ざってて(笑)それはNEWSの曲を調べたらしくて、この曲を面白い変なタイトルな曲やなぁって言って書いてらしくて、それをリハ中にオレを笑わせようとしてそんなことをしてて。すごい笑わせてくれるイイ先輩です。いつか、その曲が披露される場がTOKIOのコンサートとかであれば僕も観に行きたいと思います。

みなさんからのメッセージ待ってます。Fm Yokohama SORASHIGE BOOKお相手はNEWSの加藤成亮でした。また来週。おやすみ。




スポンサーサイト

| NEWS | コメント:(0) | |

この記事へのコメント:

コメント:を書く

装飾
管理人にのみ表示
 

↑ページtop

プライベートモード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。